法学部ホイホイ

超ど真ん中だけ。

原告適格1

原告適格

第9条

1 …取消訴訟…は、当該処分又は裁決の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者(…)に限り、提起することができる。

 

 

・主婦連ジュース

→適格✖

主婦連ジュース(最判昭和53年3月14日)

当該処分により自己の権利若しくは法律上保護された利益を侵害され又は必然的に侵害されるおそれのある者」。「法律上保護された利益とは、…反射的利益とは区別される」。 

 

・付近の公衆浴場経営者による、営業許可無効確認

→適格〇

最判昭和37年1月19日

業者の営業上の利益は、単なる事実上の反射的利益というにとどまらず公衆浴場法によって保護せられる法的利益

 

東京12チャンネル競願

→適格〇

最判昭和43年12月24日

AとXは「競願関係」にあり、「Xに対する拒否処分とAに対する免許付与とは、表裏の関係にある」。

Xへの処分が「取り消された場合には、Yは、右決定前の白紙の状態に立ち返り、あらためて審議会に対し、Xの申請とAの申請とを比較して、はたしていずれを可とすべきか、その優劣についての判定を求め、…決定をなすべき」。

Yによる再審査の結果によっては、Aに対する免許を取消し、Xに対し免許を付与するということもありうる

 

 

・付近医療施設開設者による、病院開設許可取消訴訟(最判平成19年10月19日)

→適格✖