法学部ホイホイ

超ど真ん中だけ。

立証責任

伊方原発(最判平成4年10月29日)

主張、立証責任は、本来、原告が負うべきもの。しかし、資料をすべて被告行政庁の側が保持していることなどの点を考慮すると、被告行政庁の側において、まず、…判断に不合理な点のないことを相当の根拠、資料に基づき主張、立証する必要があり、被告行政庁が、主張、立証を尽くさない場合には、不合理な点があることが事実上推認されるものというべき。 

 

立証責任は、原告にある。

けれども、被告が不合理でないことを立証できないと、

不合理であったことが推認される。

 →立証責任が被告に転換されることになったというわけではないと考えられる。