読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法学部ホイホイ

超ど真ん中だけ。

租税法律主義

租税法律主義

第84条

あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。 

 

「法律」

条例も含まれる

命令の個別具体的な委任も許される

通達による課税は、通達の内容が法の正しい解釈に合致するものであれば許される。(最判昭和33年3月28日、パチンコ球遊器)

 

「租税」

旭川市国民健康保険(最大判平成18年3月1日)

国又は地方公共団体が、課税権に基づき、その経費に充てるための資金を調達する目的をもって、特別の給付に対する反対給付としてでなく、一定の要件に該当するすべての者に対して課する金銭給付は、その形式のいかんにかかわらず、憲法84条に規定する租税に当たる

 

租税以外の公課であっても、賦課徴収の強制の度合い等の点において租税に類似する性質を有するものについては、憲法84条の趣旨が及ぶ

 

賦課要件が…どの程度明確に定められるべきかなどその規律の在り方については、当該公課の性質、賦課徴収の目的、その強制の度合い等を総合考慮して判断すべき

 旭川での健康保険料については、84条の直接適用はないが、84条の趣旨は及ぶとされた。