読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法学部ホイホイ

超ど真ん中だけ。

違憲審査権

憲法 統治

違憲審査権

第81条

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

 

付随的違憲審査制

具体的な事件の解決に必要な限りで違憲審査ができる。具体的事件を離れて、抽象的に法令等の違憲審査をすることはできない。(付随的違憲審査制説)

 

下級裁判所違憲審査権を有する

 

(仮に81条の規定がなかったとしても、)「98条の最高法規性または76条若しくは99条の裁判官の憲法遵守義務の規定から、違憲審査権は十分に抽出され得る(最大判昭和23年7月8日)

 

違憲審査の対象

「処分」には、裁判所の判決も含まれる

 

条約

条約の効力が憲法上で定められている(98条2項)以上、形式的効力は条約よりも憲法が優先する。(憲法優位説)

 

憲法優位説からは、条約が違憲審査の対象となるか否かにつき、肯定説及び否定説のいずれとも結びつく。(平成21年司法試験)

 

→肯定説をとったとして、条約の違憲判決が出たとしても、当該条約の国際法的効力に影響はない