読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法学部ホイホイ

超ど真ん中だけ。

国政調査権

憲法 統治

国政調査権は、議院の権能を実効的に行使するための補助的権能にすぎない(補助的権能説)。

第62条

両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、承認の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。 

 

司法権国政調査権

現に裁判が進行中の事件について、裁判官の訴訟指揮などを調査すること、担当裁判官を証人として喚問することや、裁判の内容の当否を批判する調査をすることは許されない

ただし、議院が裁判所と異なる目的(立法目的、行政監督目的等)から、裁判と並行して調査することは、司法権の独立を侵さないので、許される

 

検察権と国政調査権

起訴不起訴について、検察権の行使に政治的圧力を加えることが目的と考えられる調査、起訴事件に直接関係する事項や、公訴追行の内容を対象とする調査、捜査の続行に重大な支障を及ぼすような方法による調査などは、許されない。

 

行政権と国政調査権

全面的に国政調査権の対象となる。

 

基本的人権国政調査権

基本的人権を侵害する調査は許されないプライバシーを侵害する調査や思想信条を明らかにすることを求めるような調査は許されず、その場合は証言拒否できる。

 

・黙秘権(38条)はこの場合でも保障される。といっても、調査によって個人の犯罪事実が明るみになったとしても、それをもって直ちに黙秘権侵害があったということにはならない。